現場ブログ|雅工房|高槻市・島本町・向日市・長岡京市の屋根工事・防災・雨漏りならおまかせ

MENU
雅工房|高槻市・島本町・向日市・長岡京市の屋根工事・防災・雨漏りならおまかせ 雅工房

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-70-1162

  • 受付10:00~17:00
  • (定休日:年末年始、日曜、祝日)
  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

現場ブログSTAFF BLOG

HOME / 現場ブログ / 屋根葺き替え vs カバー工法:あなたの家に最適なのはどっち?

屋根葺き替え vs カバー工法:あなたの家に最適なのはどっち?

みなさん、こんにちは(^^)/

高槻市、島本町、向日市、長岡京市地域密着の屋根工事・屋根修理・雨漏り修理専門店の雅工房です

地域に密着した雅工房は、屋根工事の専門でもあり、ガルバリウム鋼板などのカバー工法、板金の専門店でもあり、瓦の葺き替えや積み直し、耐震工法なども対応できる屋根のことなら何でもお任せの屋根工事専門店です。

 

 

屋根葺き替え vs カバー工法

 

屋根のメンテナンスの重要性

屋根は家を守るための最前線に立つ重要な部分です。その役割は、単に家の外観を整えるだけでなく、雨や風、紫外線などの自然要素から家を守り、住環境の快適さと安全性を保つことにあります。屋根のメンテナンスを怠ると、建物全体に深刻なダメージを与える可能性があるため、定期的なメンテナンスが不可欠です。

1. 防水性の維持

屋根の主な役割の一つは、雨水の侵入を防ぐことです。屋根材や防水シートが劣化すると、雨漏りが発生しやすくなります。雨漏りは、建物の構造材や内装材に深刻なダメージを与え、修理費用が高額になる原因となります。また、湿気が原因でカビや腐朽菌が発生し、室内環境の悪化や健康被害を引き起こすこともあります。

2. 断熱性能の確保

屋根は断熱性能にも関わります。屋根材が劣化すると、断熱性が低下し、夏は屋根からの熱が室内に入り込みやすくなり、冬は暖かい空気が逃げやすくなります。これにより、冷暖房効率が悪化し、光熱費が増加することになります。適切なメンテナンスを行うことで、断熱性能を維持し、快適な室内環境を保つことができます。

3. 構造の安定性

屋根材が劣化すると、屋根全体の構造にも影響を及ぼします。特に、木造の建物では、屋根の劣化が建物の骨組みにまで影響を及ぼし、建物全体の安定性を損なう恐れがあります。定期的な点検とメンテナンスを行うことで、早期に問題を発見し、適切な修理を行うことが可能となります。

4. 価値の維持

住宅は大きな投資であり、その価値を維持するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。屋根が劣化した状態では、住宅全体の評価が下がる可能性があります。将来的に売却を考える際にも、屋根が良好な状態であることは大きなプラス要素となります。

5. 安全性の確保

屋根の劣化は安全性にも影響します。屋根材が剥がれたり、瓦が落ちたりすることで、住人や通行人に危害を加えるリスクがあります。また、強風や地震の際には、劣化した屋根が崩れる可能性もあり、非常に危険です。定期的なメンテナンスを行い、常に屋根を良好な状態に保つことが重要です。

 

 

屋根のメンテナンスは、家全体の寿命を延ばし、住環境を快適かつ安全に保つために不可欠です。防水性、断熱性能、構造の安定性、住宅の価値、そして安全性の観点から、定期的な点検とメンテナンスを行うことで、長期的な視点での住まいの品質を維持することができます。

 ↓ 屋根張り替え工事

Before
After (屋根材:ガルテクト)

葺き替えとカバー工法の概要

屋根葺き替えとは、既存の屋根材をすべて取り除き、新しい屋根材に交換する工事のことを指します。これは、屋根の全面的なリニューアルを意味し、下地材や防水シートも新しいものに取り替えられるため、屋根全体の耐久性が大幅に向上します。

葺き替えのプロセス

  1. 既存屋根材の撤去: 古くなった屋根材をすべて取り除きます。この際、廃材の処分も行います。
  2. 下地材の確認と修理: 屋根の下地材や構造部分の劣化状態を確認し、必要に応じて修理や補強を行います。
  3. 新しい防水シートの設置: 新しい防水シートを取り付け、雨水の侵入を防ぎます。
  4. 新しい屋根材の設置: 最後に、新しい屋根材を取り付けます。

メリット

  • 完全なリフレッシュ: すべての屋根材を新しくするため、屋根全体がリフレッシュされ、見た目も一新されます。
  • 長寿命: 新しい屋根材を使用することで、長期間にわたって耐久性が保たれます。
  • 構造の確認と修理: 下地材や構造部分の劣化を確認し、必要に応じて修理が可能です。

デメリット

  • 費用が高い: 葺き替えは工事が大規模になるため、費用が高くなります。
  • 工期が長い: 古い屋根材を撤去し、新しい屋根材を取り付けるため、工期が長くなります。

 

 ↓ 屋根葺き替え工事

Before
After (屋根材:ROOGA鉄平)

カバー工法の概要

カバー工法とは、既存の屋根材を撤去せず、その上に新しい屋根材を重ねて取り付ける工事方法です。この方法は、既存の屋根材をそのまま活かすため、工事の手間やコストを抑えることができます。

カバー工法のプロセス

  1. 既存屋根の点検: 既存の屋根材の状態を確認し、大きな損傷や問題がないかを点検します。
  2. 新しい屋根材の設置: 既存の屋根材の上に新しい屋根材を取り付けます。これにより、二重の屋根構造となります。

メリット

  • コストの削減: 古い屋根材を撤去しないため、工事費用を抑えることができます。
  • 短い工期: 屋根材を重ねるだけなので、工期が短く済みます。
  • 廃材の削減: 古い屋根材を廃棄しないため、廃材が少なく環境に優しいです。

デメリット

  • 重量の増加: 屋根に新しい屋根材を重ねるため、屋根全体の重量が増します。これにより、建物の構造に負担がかかることがあります。
  • 下地の確認が難しい: 古い屋根材の下地の劣化を確認できないため、将来的なトラブルのリスクがあります。

 

 ↓ 屋根カバー工法

Before
After (屋根材:ガルテクト)

葺き替えとカバー工法はそれぞれ異なる特徴と利点を持っています。屋根の状態や予算、求める耐久性などを考慮して、最適な方法を選ぶことが重要です。

 

 

 

 

屋根葺き替えの特徴とメリット

葺き替えの定義とプロセス

屋根葺き替えとは、既存の屋根材をすべて取り除き、新しい屋根材に交換する工事のことを指します。このプロセスでは、屋根の表面だけでなく、その下にある下地材や防水シートも新しいものに取り替えられるため、屋根全体の耐久性と防水性が向上します。葺き替えは、屋根の寿命を延ばし、家全体の価値を保つための重要なメンテナンス方法です。

1.既存屋根材の撤去

  • 最初に古くなった屋根材をすべて取り除きます。これは、屋根の寿命が尽きた場合や、深刻な損傷がある場合に特に重要です。屋根材の撤去作業は、専門的な技術と道具を必要とし、安全かつ効率的に行う必要があります。

 

 

2.下地材の確認と修理

  • 屋根材が撤去された後、下地材や屋根の構造部分を詳しく点検します。この段階で、腐食や損傷が見つかった場合は、適切な修理や補強が行われます。これにより、屋根全体の強度と安定性が確保されます。

 

 

 

 

3.新しい防水シートの設置

  • 下地材の修理が完了したら、新しい防水シートを設置します。このシートは、雨水の侵入を防ぐための重要な役割を果たします。防水シートの選択と正確な設置は、屋根の防水性を確保するために非常に重要です。

 

 

 

 

4.新しい屋根材の設置

  • 最後に、新しい屋根材を取り付けます。使用する屋根材の種類はさまざまで、スレート、金属、瓦などがあります。選択する屋根材は、建物のスタイルや気候条件、予算に応じて決定されます。新しい屋根材は、専門の職人によって丁寧に設置されます。

 

 

葺き替えのメリット

  • 完全なリフレッシュ: すべての屋根材を新しくするため、屋根全体がリフレッシュされ、見た目も一新されます。
  • 長寿命: 新しい屋根材を使用することで、長期間にわたって耐久性が保たれます。
  • 構造の確認と修理: 下地材や構造部分の劣化を確認し、必要に応じて修理が可能です。

このように、屋根葺き替えは外観の向上、耐久性と防水性の強化、エネルギー効率の向上、家の価値の向上、安全性の確保といった多くのメリットがあり、家を長く快適に保つために重要な工事です。

 

葺き替えのデメリット

  • 費用が高い: 葺き替えは工事が大規模になるため、費用が高くなります。
  • 工期が長い: 古い屋根材を撤去し、新しい屋根材を取り付けるため、工期が長くなります。

 

工事費用が高額になる点が挙げられます。既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材を取り付けるため、材料費や人件費がかさみます。また、工期が長くなりがちで、屋根全体を取り替えるためには通常数週間かかります。その間、騒音やほこりが発生し、生活に支障をきたすこともあります。さらに、古い屋根材を撤去する際に廃材が多く出るため、その処理費用や環境への影響も考慮する必要があります。これらの点を踏まえ、屋根葺き替えを計画する際には、十分な予算と時間を確保することが重要です。


屋根葺き替えは、長期的な視点で見た場合、建物全体の耐久性や価値を維持するために非常に効果的な方法です。しっかりとしたプロセスを踏むことで、安心して住み続けることができます。

 

参考ページ

 

 

カバー工法の特徴とメリット

カバー工法の定義とプロセス

カバー工法とは、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねて設置する工事方法です。既存の屋根を撤去せずにそのまま残し、新しい屋根材を上から被せるため、屋根の強度が増し、工事期間も短縮されます。この方法は「重ね葺き」や「重ね張り」とも呼ばれ、既存の屋根が比較的健全な状態である場合に適しています。

1.既存屋根の点検と清掃

  • 最初に、既存の屋根材の状態を詳細に点検し、必要な補修を行います。苔や汚れ、埃などを丁寧に清掃し、作業しやすい状態に整えます。

2.防水シートの設置

  • 新しい屋根材を設置する前に、防水シートを既存の屋根材の上に敷きます。この防水シートは、雨水の侵入を防ぎ、新しい屋根材を保護する役割を果たします。

3.新しい屋根材の設置

  • 防水シートの上に新しい屋根材を重ねて取り付けます。新しい屋根材には、金属製の屋根やスレート、軽量瓦など、さまざまな種類があります。選択する屋根材は、既存の屋根の種類や建物のスタイル、予算に応じて決定されます。

4.仕上げと確認

  • 新しい屋根材の取り付けが完了したら、各部の仕上げと確認を行います。特に雨樋や屋根の端部など、雨水が入り込みやすい部分に注意を払い、きちんと仕上げます。最終的な点検を行い、工事が完了します。

 

カバー工法は、既存の屋根材を撤去せずに新しい屋根材を重ねるため、工期が短く、廃材の処理費用も抑えられます。また、二重構造になるため、断熱性や防音性が向上するメリットもあります。ただし、既存の屋根材が大きく損傷している場合や、屋根の構造に問題がある場合には、適さない場合もあります。カバー工法を選択する際には、専門業者による十分な点検と相談が必要です。

 

 

カバー工法のメリット

カバー工法は、既存の屋根材を撤去せずにその上から新しい屋根材を重ねて設置する方法です。これには多くのメリットがあります。

まず、工事の期間が短縮されるため、住民の生活への影響が少なくて済みます。既存の屋根材を撤去しないため、廃材処理費用や撤去作業の人件費がかからず、全体的なコストが抑えられます。さらに、廃材が出ないので環境に優しく、エコフレンドリーな方法です。

また、屋根が二重構造になることで断熱性と防音性が向上し、室内の快適性が高まります。新しい屋根材を重ねることで屋根全体の強度が増し、耐久性が向上します。

工事中に既存の屋根が保護されるため、急な天候の変化にも影響を受けにくく、工事がスムーズに進む利点もあります。全体として、カバー工法は効率的で経済的な屋根工事の方法として、多くの利点を提供します。

 

カバー工法のデメリット

カバー工法にはいくつかのデメリットがあります。まず、既存の屋根材が劣化している場合、そのまま残すことができないため、適用できないことがあります。

屋根が二重になることで重量が増し、建物の構造に負担がかかることも考えられます。また、屋根の下地の状態が確認できないため、見えない部分の劣化や損傷が進行する可能性があります。

 

断熱材や防水シートの設置により、施工費用が思ったより高くなることもあります。最終的に、屋根全体の寿命は既存の屋根材の状態に依存するため、長期的な耐久性が保証されないこともあります。これらの点を考慮し、カバー工法を選択する際には、専門業者と十分に相談することが重要です。

 

 

カバー工法にするか、葺き替えにするか判断に迷った時はご相談ください!

費用と時間の比較

葺き替えとカバー工法の費用比較

屋根工事の際、葺き替えとカバー工法のどちらを選ぶかによって、費用に大きな違いがあります。それぞれの方法には異なるコスト要因があり、具体的な費用は建物の規模や使用する材料によっても変わります。

葺き替えの費用

葺き替えは、既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材を取り付けるため、工事の範囲が広く、費用も高くなりがちです。主な費用項目は以下の通りです。

  1. 既存屋根材の撤去費用: 既存の屋根材を取り外し、廃棄処理する費用がかかります。これには撤去作業の人件費と廃材処理費用が含まれます。
  2. 新しい屋根材の費用: 新しく使用する屋根材の費用は、素材の種類や品質によって異なります。高品質な材料を使用するほど費用が高くなります。
  3. 下地材や防水シートの費用: 屋根の下地材や防水シートの交換・補強費用も含まれます。
  4. 施工費用: 作業全体にかかる人件費が大きく、工期が長くなるため、施工費用も高くなります。

カバー工法の費用

カバー工法は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるため、比較的費用が抑えられます。主な費用項目は以下の通りです。

  1. 新しい屋根材の費用: 葺き替えと同様に、使用する屋根材の種類や品質によって費用が異なります。
  2. 防水シートの費用: 新しい屋根材の下に敷く防水シートの費用がかかります。
  3. 施工費用: 既存の屋根材を撤去しないため、工期が短く、施工費用も抑えられます。

費用の比較

一般的に、葺き替えはカバー工法よりも30%から50%ほど高額になることが多いです。以下に費用の目安を示しますが、具体的な金額は地域や業者、使用する材料によって異なります。

  • 葺き替え: 平均して100万円から300万円程度
  • カバー工法: 平均して70万円から200万円程度

葺き替えは、屋根全体のリニューアルが必要な場合や、既存の屋根材が著しく劣化している場合に適しています。一方、カバー工法は、既存の屋根材が比較的良好な状態であり、コストを抑えつつ屋根の機能を向上させたい場合に適しています。選択する際には、建物の状態や予算、長期的なメンテナンス計画を考慮し、専門業者と相談することが重要です。

 

 

 

 

工期の比較

屋根工事を計画する際、工期の長さは重要な考慮事項です。葺き替えとカバー工法では、工事にかかる時間が大きく異なります。それぞれの工法における工期の要素を詳しく見てみましょう。

 

葺き替えの工期

葺き替え工事は、既存の屋根材を完全に撤去して新しい屋根材を取り付けるため、工事のステップが多く、通常はより長い期間を要します。以下に、工期の主な要素を示します。

  1. 既存屋根材の撤去: 屋根の種類や面積によりますが、撤去には数日から1週間程度かかります。この段階では、古い屋根材を取り外し、廃棄物として処理します。
  2. 下地の補修・点検: 屋根の下地部分を点検し、必要な補修を行います。下地に問題がある場合、この工程にさらに時間がかかることがあります。
  3. 防水シートの設置: 新しい防水シートを設置します。この作業には数日かかることが一般的です。
  4. 新しい屋根材の取り付け: 新しい屋根材を取り付ける工程は、屋根の面積や材料によりますが、1週間から2週間程度かかります。

全体として、葺き替え工事の工期は通常2週間から1ヶ月程度を要します。

カバー工法の工期

カバー工法は、既存の屋根材を撤去せずにその上に新しい屋根材を重ねるため、工事のステップが少なく、工期が短縮されます。以下に、工期の主な要素を示します。

  1. 既存屋根の点検と清掃: 既存の屋根材の状態を確認し、必要に応じて清掃を行います。この工程には1〜2日程度かかります。
  2. 防水シートの設置: 新しい防水シートを既存の屋根の上に敷きます。この作業には1〜2日程度かかります。
  3. 新しい屋根材の取り付け: 新しい屋根材を重ねて取り付けます。屋根の面積や材料によりますが、通常は数日から1週間程度で完了します。

全体として、カバー工法の工期は通常1週間から10日程度で完了することが多いです。

工期の比較まとめ

葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材を取り付けるため、2週間から1ヶ月程度の工期が必要です。

一方、カバー工法は、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるだけなので、1週間から10日程度で完了します。

工期の短さを重視する場合、カバー工法は非常に有効な選択肢となります。

どちらの工法を選ぶにしても、工事の具体的なスケジュールについては事前に専門業者と詳細な打ち合わせを行うことが重要です。

 

 

結論:どちらを選ぶべきか?

屋根葺き替えを選ぶポイント

屋根葺き替えを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが必要です。まず、既存の屋根材が大きく劣化している場合や、損傷が激しい場合には、根本的な修理が求められるため、葺き替えが適しています。新しい屋根材を全面的に取り替えることで、長期間にわたって耐久性が確保できるため、長期的な耐久性を求める場合にも葺き替えが適しています。

また、屋根の下地部分に劣化や損傷が見られる場合には、葺き替えによって下地の補修が可能になります。屋根のデザインや使用する材質を一新したい場合には、葺き替えは自由度が高く、新しいデザインを選ぶことができます。葺き替えは初期費用が高くなるため、十分な予算が確保できる場合に選ぶのが賢明です。

これらのポイントを総合的に考慮することで、屋根葺き替えが最適な選択肢となる状況を把握できます。

 

 

コロニアル屋根葺き替えのポイントと注意点~高槻市・島本町・向日市・長岡京市

 

屋根カバー工法を選ぶポイント

屋根カバー工法を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが必要です。まず、既存の屋根材がまだ比較的良好な状態であり、撤去する必要がない場合にはカバー工法が適しています。この方法では、既存の屋根材をそのまま残して新しい屋根材を重ねるため、工期が短縮され、生活への影響が少なくなります。

工事期間の短縮が大切な場合、カバー工法は迅速に完了するため、住民の生活に大きな支障をきたさない点がメリットです。さらに、既存の屋根材を撤去しないため、撤去費用や廃材処理費用がかからず、総工費を抑えることができ、コストを削減したい場合に有効です。

また、屋根が二重構造になるため、断熱性や防音性が向上し、室内環境を快適に保ちたい場合にカバー工法が適しています。環境への配慮も重要なポイントであり、廃材が出ないため環境負荷を軽減することができます。

これらのポイントを考慮し、建物の状況や予算、快適性や環境への配慮を重視する場合にカバー工法を選ぶと良いでしょう。専門業者と相談し、具体的なメリットとデメリットを比較することで、最適な選択ができます。

 

 

 

家の状況や予算に応じたアドバイス

既存の屋根材の状態が良好な場合
カバー工法を検討:屋根材がまだ使用可能であれば、カバー工法がコスト効率的であり、短期間で済むため生活への影響も少なくなります。また、既存の屋根に新しい屋根材を重ねることで、断熱性や防音性が向上します。
屋根材が劣化している場合
葺き替えを検討:根材の劣化が進んでいる場合は、根本的に新しい屋根材に交換する葺き替えが適しています。この方法により、屋根全体の耐久性が向上し、長期間にわたり安心して住むことができます。
屋根の下地に問題がある場合
葺き替えが必須:屋根の下地が劣化している場合、下地の補修が必要になります。葺き替えによって下地をしっかり修理し、新しい屋根材を取り付けることで、長期的な耐久性を確保できます。
屋根のデザインや材質を変更したい場合
葺き替えを選択:屋根のデザインを一新したり、異なる材質を使用したい場合は、葺き替えが最適です。新しいデザインや材質を自由に選ぶことができます。

 

 

どちらの方法が適しているか信頼できる業者へ、家の状況を詳しく見てもらいましょう。

 

予算に応じたアドバイス

予算が限られている場合
カバー工法を選択:カバー工法は撤去費用や廃材処理費用がかからないため、コストを抑えることができます。既存の屋根材が健全であれば、この方法で費用を削減しながら屋根の機能を改善できます。
十分な予算がある場合
葺き替えを選択:予算に余裕がある場合は、葺き替えを選ぶことで、屋根を全面的に新しくし、長期的な耐久性を確保できます。また、デザインや材質の選択肢が広がり、希望通りの屋根に仕上げることができます。
長期的なコストを重視する場合
葺き替えを検討:初期費用は高くなりますが、葺き替えにより屋根全体の寿命が延び、長期的なメンテナンスコストを抑えることができます。将来的な修繕費用を考慮すると、葺き替えの方がコストパフォーマンスが良い場合があります。
短期的なコストを重視する場合
カバー工法を選択:短期間でコストを抑えたい場合、カバー工法が適しています。撤去費用や廃材処理費用がかからないため、予算内で効果的に屋根の機能を改善できます。

 

 

 

 

 


雅工房の施工事例はコチラ

雅工房Instagram

ご来店予約

診断無料

0120-70-1162 受付 10:00~17:00 (定休日: 年末年始、日曜、祝日) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

採用情報

スタッフ・職人紹介