施工事例|雅工房|高槻市・向日市・長岡京市の屋根工事・防災・雨漏りならお任せ

MENU
屋根工事・防災・雨漏り専門店 雅工房

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-70-1162

  • 受付10:00~17:00
  • (定休日:年末年始)
  • 屋根工事の相談がしたい ショールーム来店予約
  • 屋根工事の費用を知りたい 見積依頼

施工事例WORKS

HOME / 施工事例 / 古い日本瓦がずれた屋根をROOGA鉄平に葺き替えと軒といの交換 

古い日本瓦がずれた屋根をROOGA鉄平に葺き替えと軒といの交換 

2022.07.05 (Tue)

施工前BEFORE
施工後AFTER

O様邸 施工データ

工事内容 葺き替え工事
メーカー・商品 ROOGA鉄平

お客様のご要望

ペンキ屋さんから、「O様邸の屋根の劣化がひどいので葺き替えをしてほしい。」とご依頼いただきました。

担当者より

状況を拝見すると、O様邸の屋根は全体的に痛んでおり、漆喰やセメントが剥がれ、さらに瓦がずれて口が開いている状態でした。大屋根は日本瓦で、下屋と庇はS瓦でした。

屋根の日本瓦がずれる理由

一般的に日本瓦は土の下地や漆喰やセメントで固定されています。固定する素材は温度変化と、それに伴う瓦内の結露によりどうしても劣化してしまうものです。

屋根は強風にあおられる他、生活による振動、近辺の道路の往来による振動、そして度々起こる地震の振動をうけることにより、徐々に屋根瓦がずれてしまいます。

たくさんの屋根瓦がずれると屋根全体がずれたように見えます。

屋根瓦がずれたまま放置するのはNG

瓦がずれているかどうかは、定期調査や今回のように業者の方が偶然見つけてくれる場合を除いてなかなか見つけられないことかもしれません。

しかし、2階の窓から下屋や庇の瓦のズレを見つけられるかもしれませんし、軒先の瓦のずれに気づかれることもあるかと思います。

そのようなずれを見つけた場合、なるべく早く屋根業者に調査を依頼して葺き替えなどの対策を行う必要があります。

屋根瓦がずれると、そのままどんどんずれて瓦が落下する危険性があり、最悪の場合、住人や近隣の方に危害を与えてしまいます。

また、屋根瓦がずれるとその部分から屋根に水が入ります。すると、ますます下地が傷みさらなる瓦のずれの原因になります。

さらに水がしみこみ下地の中のルーフィングシートが劣化して破れてしまうと、今度は雨漏りの原因になり家屋全体の傷みにつながります。

O様邸の屋根は瓦がずれた部分から、瓦の中には水が入っている状態でしたが、ルーフィングシートまでは水は入っていなかったため、雨漏りはしていませんでした。

日本瓦をROOGA鉄平に葺き替える工程

①既存の日本瓦をめくる

②土を撤去

③下地シートの撤去

④2×1貼り(断面が長方形になっている細長い角材)

⑤コンパネ貼り(厚めの合板)

⑥ノアガード2のルーフィングシート張り

⑦役物の取付け(水切りや谷)

⑧ROOGA鉄平を葺く

⑨軒といの取り換え

今回の日本瓦からROOGA鉄平への葺き替えのポイント

今回の葺き替えに使用したROOGA鉄平は屋根材の中でもグレードの高い商品で耐久性が高い以外にも、様々な性能に優れている商品です。

さらに、防水の為に使用したノアガード2は水分を通さないだけでなく遮熱性の高い素材でできているので、夏は涼しく、冬は暖かくお過ごしいただけるかと思います。

O様邸には大屋根のほかに、庇が4か所、下屋が2か所あり屋根の形も複雑だったので施工が大変でしたが、それぞれ丁寧に仕上げ、軒といも取り換えさせていただきました。

工事のあと、O様からも「きれいにしてくれてありがとう!」とお声を頂きました。

今回はペンキ屋さんが屋根のずれに気づいてお知らせ下さいましたが、普段暮らしている家だとなかなか気づくのは難しいかもしれません。

10年に1度の屋根調査を習慣化されることや、目視でずれが確認できた場合、早急に対処されることをおすすめします。

ご来店予約

診断無料

0120-70-1162 受付 10:00~17:00
(定休日: 年末年始) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

無料診断依頼
メールフォーム

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフ・職人紹介