• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

お客様の声詳細

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根の雨漏り修理の他社見積もりが高くて困っていた 高槻市J様

他社より見積もりが安く、ていねいな対応がよかった

お悩み

屋根から雨漏りを修理してもらおうと、業者で見積もりを取ったら、高い気がする。

築年数

約40年

タイプ

木造

材料

立平葺き屋根

工期  
屋根工事のきっかけ

屋根工事のきっかけ

J様邸にお伺いして、調査を行なうと、木造住宅の金属屋根は、ガルバリウム鋼板の瓦棒葺きの屋根で、錆びて劣化が進んでいました。

特に雨漏りがしていたという屋根の谷になっている部分は、劣化がひどく穴が開いている部分もありました。

本来なら、既存の瓦棒葺きの屋根も捲った方が、今後のことを考えると絶対に良いのですが、かなりの費用が掛かってしまいます。

今回はご予算が限られているということで、雨漏りしないようにする最低限の工事をご希望されました。

葺き替えを行なわないデメリットもご理解いただいた上で、既存屋根の上から立平葺きの屋根をカバー工法で施工し、雨漏り対策を行なうことをご提案しました。

⇒施工についてはこちら
http://www.miyabi-kobo.com/case/post-77/

お客様の声

値段が安く済んだこともあるし、他社に比べて対応が丁寧だったこともよかったです。

下地をどんなふうに作ったか、雨漏りしないように水切りやコーキングを2重にしたなど、細かいところまで工事や雨漏り対策についてしっかりと説明してくれて安心しました。

いろいろと、わがままを聞いていただきありがとうございました。

助かりました。

工事の内容

元々の瓦棒の上に垂木を入れた後、構造用合板を入れて下地を作り、立平葺きでのカバー工法を行ないました。

予算上、屋根全体のやり替えは難しく、雨漏りとは関係のない部分の工事は行ないませんでしたが、立ち上がり部分の水切りを2重にして、万が一水が入ることがあっても雨漏りしないようにしたほか、コーキングを2重にするなどしてできる範囲で雨漏り対策を万全に行ないました。

前へ 次へ