• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根のどこに問題が起きていますか?

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

  • ホーム
  • 屋根のどこに問題が起きていますか?

屋根の主要部分の名称をご紹介します

屋根の破損など問題があったときに職人へ「どこがどうなっているのか」を説明するのは、なかなか難しいものです。

「流れの部分の瓦が欠損している……」「屋根の谷に汚れが溜まってしまっている……」など、困ったときにきちんと説明できるように、また職人さんの説明を理解できるように、屋根まわりのおもな部位の名称をご紹介します。業者へ連絡する前に、ぜひ覚えておきましょう。

屋根の部位

屋根の部位の名称は、地方や職人さんにより多少異なりますが、一般的な呼び方は次の通りです。

大棟

屋根の頂(いただき)の部位を大棟といいます。
隅棟(すみむね)

四隅にできる傾斜した棟のことは、隅棟といいます。
流れ

屋根の棟から軒先までの傾斜している面を指します。たいていの場合、屋根でもっとも大きな面積を占めます。

2つの屋根の流れが合い、谷のようになっている部分です。
切妻屋根

屋根の形式が、図のように2つの台形または2つの三角形で構成されているような形状です。
けらば

切妻屋根の端の部分です。
寄せ棟

けらばのない屋根のことです。
軒先

けらばに対して軒側の先のほうを軒先といいます。

棟付近の壁のことです。
破風(はふ)

屋根の妻部分にある合掌形の装飾板です。
拝(おが)み

破風板(はふいた)などが中央で接する部位。合掌した手の形に似ているところから命名されたといわれている。
傍軒(そばのき)

壁から外に向かって破風までの間の軒です。
霧除け庇(ひさし)

霧や雨が入り込まないように、出入り口や窓などの上部に設置する小さな庇のことです。
玄関庇

玄関の上部に設置する庇は家の顔でもあります。
入隅

2つの壁が内向きに入り合ってできる角の部分です。
出隅

2つの壁が外向きに出合ってできる角の部分です。
降り棟

屋根の流れに沿って軒に向かって下降する棟です。

お問い合わせ・お見積もりはこちら