• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

遮熱・断熱に関して

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

熱・断熱に効果的な屋根工事があります

熱・断熱に効果的な屋根工事があります

ここ近年では夏は暑さが長引き、冬は寒さが続くような異常な気象が目立ってきており、四季が感じられなくなってきています。
そこでおすすめしたいのが、屋根工事に際して、住まいに遮熱・断熱効果を付加することです。
屋根工事と同時に行う遮熱や断熱は使用電力の削減につながります。快適に過ごすために、屋根を見直しましょう。

  • 屋根の耐震工事に興味のある方へ
  • 屋根の遮熱・断熱工事に興味のある方へ

屋根の遮熱・断熱工事について

温暖化の影響のためか、最近の夏は、気温35度以上の日が続く傾向にあります。家の中にいても熱中症にかかる人も増えているようです。

夏の直射日光が当たる屋根の直下の屋根裏などは40~50度になることもあるのです。小屋裏収納のための小部屋やロフトは、夏場などかなり高温になります。同じように2階に居室がある場合は、壁や天井、床からの表面温度の影響を受け、日中は暑くなりがちです。

そこで、夏の暑さ対策としておすすめしたいのが、屋根の遮熱・断熱です!

屋根の遮熱

遮熱とは、熱を発生する太陽の直射日光を反射させることです。金属系の屋根材やスレート系の屋根の遮熱対策としては、遮熱塗料の塗布が挙げられます。メーカー実験のデータによると、遮熱塗料を塗るだけで、夏の屋根裏温度は10度前後、下がることが確認されています。

雅工房おすすめの遮熱式防水シート

ルーフエアテックス

遮熱ノアガードⅡ

屋根の断熱

断熱を効果的に行うには、性能の良い断熱材を隙間なく厚く施すことです。一般的な天井であれば天井断熱を施し、小屋裏収納やロフトなどの場合は屋根面に断熱を施工します。予算内で最大限の効果を上げるためには、屋根のプロフェッショナルと相談することをおすすめします。

屋根断熱の種類 天井断熱の種類
  • 屋根タル木の間にポリスチレンフォーム充填
  • 屋根タル木の間にグラスウール充填
  • 屋根下面に発泡ウレタンフォーム吹付け
  • 屋根野地板上にポリスチレンフォーム張り
  • 屋根野地板上に硬質ウレタンフォーム張り
  • 屋根野地板上にフェノールフォーム張り
  • グラスウール敷込み
  • グラスウール吹込み
  • ロックウール吹込み
  • セルロースファイバー吹込み
  • ポリスチレンボード張上げ
  • 硬質ウレタンフォーム張上げ

屋根の耐震対策、遮熱、断熱に関して、疑問、ご質問がありましたら、雅工房にお気軽にご相談ください。ご予算、ご希望に合わせてご提案を差し上げます。

住まいを結露からガード!「棟換気」

住まいの天敵である結露。湿った空気が室内にこもると結露が起き、カビやシロアリ、木材の腐食、シミなどさまざまなトラブルの種になります。

住まいを結露からガード!「棟換気」

そこで、結露対策としておすすめしたいのが棟換気です。雅工房が扱う棟換気部材は、空気を通して雨水を通さない特殊構造を採用しています。屋根の頂部から最小限の動きで空気を排出させ、常に新鮮な空気を循環。また、法定不燃材であるガルバリウム鋼板により、ゲリラ豪雨のような暴風雨からの雨水の浸入も防ぎます。

お問い合わせ・お見積もりはこちら