• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

老朽化した屋根を放置した場合の影響とは

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

老朽化した屋根を放置した場合の影響とは

屋根は住宅の中でも日差しや雨風に一番さらされるところであり、

メンテナンスなど適切な管理を行わなければ

トラブルの原因になりやすい場所です。

しかし、瓦を葺き替えるなどメンテナンスを行おうとすると

高額になる場合も多いのです。

このような費用の負担を考えると

そのまま放置され老朽化される場合も多いのです。

しかしメンテナンスや点検などを長期間行わなければ

そのほかの部分に影響が出てしまいます。

具体的には気付かないうちに天井裏まで雨漏りが進行していたり、

下地材が劣化していたりというケースです。

こうなると瓦を吹き替えるだけでは済まないので

大工工事などそのほかの部分まで合わせて工事を行う必要がでてきます。

場合によっては劣化が進行して必要な強度が保てず

地震などの災害の被害を受けてしまうといったことも考えられます。

日常生活の中で頻繁に気にして見る場所ではないので

定期的なメンテナンスや点検を行うことで

いざというときに家族を危険から守ってくれます。

 

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼