• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根葺き替え工事のメリットとデメリット

tel.0120-70-1162

info@miyabi-kobo.com

屋根葺き替え工事のメリットとデメリット

今回は屋根の葺き替え工事のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。葺き替え工事を考えられている方は参考にしてみてください。

屋根の葺き替え工事とは

屋根の葺き替え工事とは、その名の通り、屋根材を完全に新しく葺き替えることです。つまり、古い瓦や、ストレート材、金属の屋根材を外し、屋根の下地を補強後に新しい屋根材と入れ替えることです。

屋根自体の傷みが激しい場合や、雨漏りで内部まで劣化している場合、屋根の葺き替え工事を行います。

屋根の葺き替え工事のパターン

屋根の葺き替え工事は、施工前後の屋根材の種類によって、一般的に以下のようなパターンに分けられます。


葺き替え工事のパターン
古い瓦屋根から → 新しい瓦屋根へ
瓦屋根から → スレート屋根へ
古いスレート屋根から → 新しいスレート屋根へ
古いスレート屋根から → ガルバリウム鋼板へ
古いトタン屋根から → ガルバリウム鋼板へ


屋根の構造によって使用できる屋根材が限られる場合もありますが、昨今、屋根材の種類は非常に多く、見た目や耐用年数、予算に応じて選択肢も広がっています。

下記の記事もご参考にしてみてください。
屋根材にはたくさんの種類があります


屋根の葺き替え工事のメリット

・屋根を完全に入れ替えるので、屋根の問題を根本解決できる
・防水シートや下地の修復も行えるので、屋根の耐久性と寿命が延びる
・屋根材の重量が軽いので、耐震性能がアップする

屋根の葺き替え工事のメリットは、上記に挙げた点です。屋根の防水シートや野地板を補強することも可能で、屋根も新品に入れ替えるので、屋根の問題(雨漏りや、ひび割れ、コケの繁殖等)の根本解決になります。

また重量の軽い屋根材に入れ替えることによって、屋根自体の重量が軽くなり、家屋の重心位置が下がるので、大きな地震の際には揺れが小さくなり、倒壊するリスクが小さくなります。

カバー工法(既存の屋根の上に新しい屋根材をかぶせる工法)よりも、選べる屋根材が多いのもメリットと言えるでしょう。


屋根の葺き替え工事のデメリット

・既存屋根を撤去することになるので、解体工事と廃材の処分に手間と費用が掛かる
・施工期間がカバー工法よりも長くなる


屋根塗装や屋根修理に比べると材料費が高くなり、既存の屋根材の処分費も発生し、また作業工程が増えるため人件費もかさみ、値段が高くなってしまうのがデメリットと言えるでしょう。大がかりな工事になるので、工事中の騒音も発生します。


まとめ

以上、屋根葺き替え工事でのメリットとデメリットを紹介しました。ご自宅の屋根リフォーム・雨漏り修理のときの参考にしてみてください。雅工房では島本町・高槻市を中心に屋根リフォーム・雨漏り修理を行っております。

雅工房では、屋根リフォーム・雨漏り修理を行っております。
高槻市・島本町を中心に大阪一円で屋根の修理やメンテナンスを考えられている方は、雅工房までお気軽にご連絡ください。

  • tel.0120-70-1162
  • 無料相談・現地調査のご依頼