• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根リフォームの豆知識|断熱工事の種類と特徴

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根リフォームの豆知識|断熱工事の種類と特徴

家の中の、夏の暑さや冬の寒さを和らげたいと考えられている方は多いですよね。

もしかすると、室温が外気に左右される原因は「屋根」かもしれませんので、屋根のリフォームと共に、断熱工事を行なってみるのも一つの手です。

とはいえ、屋根は家を守る重要な部分。どんな工事が必要かわかりませんよね。

今回は屋根のリフォーム時にオススメの断熱工事について紹介します。

屋根リフォームにおけるの断熱工事は2種類

屋根断熱:屋根そのものに断熱材を仕込む

その名の通り、屋根そのものに断熱処理を行う方法です。

リフォーム時に、垂木と呼ばれる屋根の下地となる材木の、上または下に薄い高性能な断熱材を敷く工事を行います。

さらに屋根裏に冷暖房装置を取り付けることも。

広範囲をカバーできるので断熱効果が高い反面、屋根全体を取り替える大掛かりな工事のためコストがかかります。

また冷暖房など空調管理を行う場合、電気代も追加でかかってくるでしょう。

断熱塗装・遮熱塗装:屋根の表面に特殊な塗料を塗って断熱

屋根の表面に特殊な塗料を塗って暑さや寒さを防ぐ方法もあります。

塗料は2種類、それぞれ「断熱」と「遮熱」の効果があります。

「断熱塗料」はその名の通り、熱を通しにくい素材で外からの熱を防ぐだけではなく室内の熱を逃しにくくする働きがあります。

「遮熱塗料」は太陽光を跳ね返す働きがあり、夏の暑さにお困りの家屋に向いています。

それぞれ耐用年数は15〜20年ほどですが、定期的に点検を行うほか、台風などの後には点検を行うことが大切です。

天井断熱という方法もある

ここまでは屋根自体に断熱工事をする方法を紹介しましたが、屋根そのものでなくても、屋根と室内の間にある天井(屋根裏・天井裏)に断熱工事をすることもできます。
その方法は、天井にグラスウールなどの断熱材を敷き詰めるだけという手軽なものがほとんどです。

工事が比較的簡単で、施工範囲も天井に限られますのでコストが抑えられます。

また、屋根断熱のように空調も要らず、費用対効果が高いと言えるでしょう。

室温の改善のためだけに屋根リフォームを考えられている場合は一度こちらの天井断熱を考えられるのも良いかもしれません。

また、屋根断熱と天井断熱を組み合わせることでより高い断熱効果を生み出すことも可能です。

屋根の断熱リフォームは自分でできる?

屋根断熱について、大掛かりな葺き替えなどの大掛かりな工事が必要な場合を除き、塗装だけ行なったり、天井断熱を行なったりするだけなら自分でもできるのではないかと思われる方も少なくないようです。

最近ではDIYについて紹介するサイトや動画も増えていますが、やはり家の工事はプロに任せることがおすすめです。

もちろん、効果のある塗料を正しい方法で塗ったり、性能の良い断熱材を隙間なく敷き詰めたりすることで一定の断熱効果は得られるかもしれません。

しかし、屋根の種類や状態などを見極めて、一番効果的な断熱を提案できるのはやはり屋根工事のプロです。

家を快適な環境にして、長持ちさせるために、屋根の断熱リフォームをされるなら、一度専門業者に相談されることがおすすめです。

 

大阪・京都で屋根の断熱リフォームについて相談するなら雅工房まで

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼