• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

新築の屋根でも油断できない!雨漏りしやすい屋根の形態3選

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

新築の屋根でも油断できない!雨漏りしやすい屋根の形態3選

雨漏りしやすい箇所として、壁や屋根など様々な箇所が考えられます。

中でも屋根の雨漏りは、なかなか気づかないことが多く、気づいた頃には「天井の張替え」や「大規模な屋根の修理」などが必要になることがあります。

そしてそれは、築年数が長いお家だけでなく、新築でも油断できない場合があります。

 

例えば、新築なのに雨漏りを繰り返しているというエピソードも珍しくありません。

 

そこで今回は、「新築でも雨漏りがしやすい3種類の屋根の形態」についてご紹介いたします。

自宅の屋根に心当たりがある方は、一度チェックしてみてください。

 

新築でも油断できない!雨漏りしやすい屋根の形態3選

まず初めに、屋根周りにおいて、雨漏りしやすい箇所を紹介いたします。

 

今回紹介する場所は築年数が長くなればなるほど劣化しやすい場所でもあるので、注意してチェックしてみてください。

 

【1】太陽光パネルが付いている屋根

太陽光パネルは、ほとんどの場合屋根の上に設置してあり、風で動かないよう固定する際には、屋根に穴を開けてネジやボルトで固定する方法をとっています。

 

なので固定用金具を取り付ける際に何らかの不備があった場合、隙間から水が入って雨漏りしてしまうことがあります。

 

更に、屋根は雨風にさらされやすい場所なので、台風などの災害時にも影響を受けやすいです。

 

例えば、強風で太陽光パネルが揺れて屋根が破損してしまったり、固定用金具が緩んでしまって雨漏りが発生してしまう可能性が考えられます。

 

【2】天窓はごみが溜まりやすいので要注意

天窓も、雨漏りが起こりやすい箇所です。

「取り付けた時点で窓のフレームが歪んでいた」あるいは「台風の影響で歪んでしまった」ということも考えられるでしょう。

 

しかし、意外と多いのが「窓に溜まったゴミ」が原因となる場合です。

天窓は高いところにある分なかなか掃除がしにくく、落ち葉や砂塵が溜まりやすいです。

 

砂塵ともなると粒が細かいので、窓と窓枠の間に入り込んでしまうと、窓が少し浮いてくることがあります。

 

少しでも隙間ができてしまえば、簡単に雨漏りが起こってしまうので、定期的にごみが溜まっていないかのチェックはしておいた方が良いでしょう。

 

【3】陸屋根は劣化が激しいので注意が必要

陸屋根とは、平坦で屋上スペースとしても使える特徴を持つ屋根のことです。

最近ではモダンな建築によく取り入れられています。

 

シンプルかつおしゃれな見た目なので、選ぶ人も増えてきているのではないでしょうか。

しかし、「陸屋根」は「切りつま屋根」や「寄棟屋根」など、ほかの形状の屋根に比べて経年劣化が激しいとも言われています。

 

その理由として、「平坦なこと」と「鉄筋コンクリート造であること」が挙げられます。

まず、平坦な屋根なので、雨水がたまりやすいという欠点があります。

 

そして、鉄筋コンクリートは、「水分の蒸発による乾燥」「気温の変化」などが原因で、ひび割れを起こしやすくなってしまいます。

 

以上の特徴から、「溜まった雨水が太陽光によって蒸発し、コンクリートが乾燥してしまうことでひび割れが起こり、雨漏りする」という可能性が高いです。

 

屋根に使う分、防水加工もされている場合が多いですが、徐々にその効果も薄くなってきてしまいます。

なので、定期的なメンテナンスや、防水加工の見直しを行った方が良いでしょう。

 

以上の3つが、「雨漏りしやすい」と言われている屋根の形態・特徴です。

これらの屋根には「ある共通点」があるのですが、一体それは何なのでしょうか。

 

ここからは、雨漏りしやすい屋根の共通点について紹介します。

雨漏りしやすい屋根の共通点は「水が入る隙間ができやすい」

上記で紹介したそれぞれの屋根が持つ「雨漏りしやすい共通の特徴」は「水が入り込む隙間ができやすいこと」です。

 

施工不良によってできた隙間、あるいは災害や経年劣化によってできるひび割れに雨水が入ってしまい、雨漏りしてしまったというケースは多くあります。

 

いずれの屋根も最近増えてきていますので、新築だからと言って油断せず、定期的に確認するようにしましょう。

 

かといって屋根の上はなかなか自分で確認できない

屋根は、当然ながら高い場所にあります。

自分で確認するとなると、高所での作業になりますし、危険も伴います。

 

そんな時は、屋根の修理業者もしくは塗装業者に依頼するのが良いでしょう。

 

業者であれば、高所作業にも慣れていますし、何より自分で屋根に上る必要がないので安心です。

ただし、場合によっては悪徳業者に引っかかってしまう可能性もありますので注意しましょう。

 

【関連記事】

⇒ 悪徳屋根修理業者の見分け方と対処法 を読む

 

まとめ

今回雨漏りしやすい屋根として以下の3つを紹介いたしました。

  1. 太陽光パネルが付いている屋根
  2. 天窓がある屋根
  3. 平坦な陸屋根

 

いずれも、最近の住宅には珍しくない屋根なので、心当たりのある方は一度点検を行うことをオススメします。

 

また、いつの間にか雨漏りしていることもあるため、災害後などは特に注意して見ておくようにしてくださいね。

 

大阪・兵庫・京都で屋根点検を依頼するなら雅工房へご連絡ください!

 

 

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼