• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根のメンテナンス時期|屋根の種類ごとの耐用年数と補修費用の相場

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根のメンテナンス時期|屋根の種類ごとの耐用年数と補修費用の相場

台風の被害などを見ていると、自分の家の屋根は大丈夫かな…と思ってしまいますよね。

屋根は、普段からメンテナンスをしっかりしておくことで、急な雨漏りや屋根の飛散を防ぐことができます。

とはいえ、いつどんなメンテナンスを行えば良いか、すぐにはわからないという方も少なくないかと思います。

この記事では屋根のメンテナンス時期や費用などを紹介します。

屋根ごとの耐用年数とメンテナンス時期・費用相場

屋根には様々な種類があることをご存知でしょうか?

ここでは代表的な屋根材のメンテナンス時期と費用相場を紹介していきます。

瓦屋根

「和瓦」「陶器瓦」「粘土瓦」などの、昔ながらの日本の屋根材で、瓦自体の耐用年数はとても長く、30~35年に1度の葺き替えでも持ちます。

しかし、瓦に比べて、棟や鬼瓦周辺に使用される漆喰のほか、下地の防水シートなどは環境によって劣化しやすいことがあるので、少なくとも10年に一度の点検やメンテナンスが望ましいでしょう。

<費用相場>※30坪の場合
葺き替え:100〜180万円程度
部分補修:1箇所5万円程度

※瓦屋根は重いので、カバー工法による施工はできません。

スレート屋根

「コロニアル」「カラーベスト」などの比較的新しい屋根材です。

軽く、補修もしやすいので最近の住宅に多く使われています。

耐用年数は15〜20年程度と言われていますが、表面が色褪せてくるので10年程度で点検と塗り替えをされることが望ましいです。

<費用相場>※30坪の場合
葺き替え:90〜150万円
カバー工法:70〜110万円
塗り替え工事:30〜40万円
部分補修:棟工事で5〜6万円程度・1枚交換2万円程度

金属屋根

「ガルバリウム鋼板屋根」「瓦棒屋根(トタン屋根)」「立平葺屋根」と呼ばれる金属屋根も近年普及が進んでいる軽い屋根材です。

ガルバリウムは10〜15年、ガルバリウム以外の錆びやすい素材のトタン屋根などは7〜10年でメンテナンスを行うことがおすすめです。

<費用相場>※30坪の場合
葺き替え:90〜150万円
カバー工法:70〜110万円
塗り替え工事:30〜70万円
部分補修:部分交換1.5万円〜

屋根の種類や工法で時期や費用が変わる

上記以外にも様々な屋根があります。

ご自宅の屋根が何かわからない、工事当初の資料がないなど、ご自身で判断できないときは、早めに専門業者に見てもらうことがおすすめです。

カバー工法など、施工方法によっても費用が変わりますので、思ったよりも安くできるケースもありますよ。

屋根のメンテナンスを依頼する業者の選び方

家を守る屋根はしっかりと点検して、必要に応じてメンテナンスを行いたいですよね。

ただ、自分ではできない上、実際に見て確認しづらい場所なので、どんな業者に頼めばいいか迷う…という方も多いです。

ここでは、信頼できる屋根業者の選び方を5つ挙げます。

・近所の業者
・レスポンスが早い業者
・点検やメンテナンスの内容が明確
・見積もり内容が明確
・飛び込み営業してくる業者はNG

特に1つ目の「近所の業者」というところは重要です。

今後、再びメンテナンスが必要なタイミングで依頼しやすい上、手抜き工事などを行うと近所で噂になってしまうので、しっかりと工事をしてくれるところが多いからです。

どの業者を選ぶか迷ったときは、まずは近所の業者から連絡してみましょう。

まとめ

屋根のメンテナンスについて説明しましたが、いかがでしたか?

定期的な点検とメンテナンスをしっかり行っておくことで、屋根は丈夫に保たれ、台風などが来ても滅多なことで壊れたり雨漏りしたりしにくくなります。

普段目につかないところなので、なかなかきっかけがないという方も多いですが、気になったタイミングで一度点検だけでもされることがおすすめです。

 

大阪・京都で屋根のメンテナンスについて相談するなら雅工房まで!

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼