• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根リフォームの種類|特徴と選ぶ時のポイントは?

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根リフォームの種類|特徴と選ぶ時のポイントは?

雨漏りや、屋根の表面の劣化が目につき始めて屋根リフォームを検討し始める方は多いです。

とはいえ、屋根リフォームにはどんな種類があってどれを選べばよいかわかりませんよね。

今回は屋根リフォームの方法を4つ紹介し、選ぶときのポイントを紹介します。

屋根リフォームの種類

代表的な屋根リフォームの方法4つを紹介します。

【1】葺き替え

下地を含めた屋根材全部を交換する工事です。

表面の屋根材だけではなく下地板や防水シートが劣化して破損している場合、例えば雨漏りしている時などは、この工事が必要となります。

屋根の設置だけではなく、既存屋根の撤去費用もかかるので、コストは高めです。

屋根の種類によって費用相場は変動しますが、スレート屋根からスレート屋根への葺き替えなら、100㎡の屋根で約80万円〜120万円です。

【2】カバー工法

既存屋根の上から新しい屋根を被せる工事です。表面の劣化が激しく、頻繁なメンテナンスが必要になってきた屋根におすすめです。

工事自体は、葺き替えに比べて、大掛かりでなく、コストも抑えられますが、屋根自体が重くなるので、施工できる屋根の種類は限られます。

費用の目安は、スレート屋根から金属屋根にする場合、100㎡で約75〜100万円ほどです。

葺き替えとカバー方法で迷われている方は、こちらをご覧ください。
葺き替えとカバー工法の比較|屋根修理はどちらがオススメ?

【3】塗り替え

スレート屋根や金属屋根の表面が劣化した時は、塗り替え工事で、補修することがおすすめです。

色褪せが気になるなど、屋根材そのものを取り替えなくても良い時は、表面の塗装だけでも耐用年数を伸ばすことができます。

塗り替えるだけで屋根のイメージはかなり変わりますよ。

費用相場はスレート屋根の場合、100㎡で約40万円程度です。

【4】部分的なリフォーム

瓦の欠けや、板金(金属部分)が劣化している場合、大々的なリフォームではなくて、部分的な補修工事で済むことがあります。

スレート瓦の交換なら、1枚あたり約5〜8千円程度、日本瓦の漆喰補修なら状態にもよりますが、10mの棟で8万円程度です。

屋根リフォームの種類で迷った時に選ぶポイント

リフォーム方法に迷ったときのポイントを2つ紹介します。

【1】現在の屋根の状態を知る

まずは屋根が今、どんな状態かを確認することが大切です。

見積もりは無料なので、一度プロに点検を依頼してみましょう。

「無理に工事を勧められたらどうしよう」と不安に思われるかもしれませんが、そういう業者は相手にせず、複数の業者に見積もりを取られることがおすすめです。

【2】今後どれくらい住むか

今後、その家に住む年数も考えておくと良いでしょう。

例えば、今後も数十年住み続けたいとお考えでしたら、耐用年数を考えて葺き替えなど大掛かりな工事を行う方が、後々の補修費を考えても適しているケースがあります。

逆に、あと数年で建て替える家ならば、必要最低限の補修による延命でも問題がないこともあります。

住む年数を考慮して、納得いく工事を行うことがおすすめです。

まとめ

今回は屋根リフォームの種類とポイントについて紹介しましたがいかがでしたか?

まずは、業者の点検などで、ご自宅の屋根の状況をしっかり把握してから、納得行く内容や料金の工事を行うことが大切です。

 

大阪・京都で屋根リフォームについて相談するなら雅工房まで

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼