• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

葺き替えとカバー工法の比較|屋根修理はどちらがオススメ?

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

葺き替えとカバー工法の比較|屋根修理はどちらがオススメ?

屋根修理について、工事の方法や業者について調べていると「カバー工法」や「葺き替え」という言葉を目にされるかと思います。

今回は、葺き替えとカバー工法の違い、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

屋根修理の2つの方法~葺き替えとカバー工法~

屋根修理の代表的な2つについて説明します。

葺き替えとは?

今ある屋根を撤去、つまり剥がしてしまって、新しい屋根を設置する工事のことです。

様々な屋根材での葺き替えが可能ですが、以前よりも軽い屋根材を選ぶことが推奨されています。

カバー工法とは?

今ある屋根をそのまま残し、その上から別の屋根材をかぶせて工事する方法のことです。

多くの屋根に施工可能ですが、日本瓦の屋根には施工できません。また、屋根の劣化状況によっては葺き替えでしか修理できないこともあります。

例えば、雨漏りがひどい場合、下地の木が痛んでいて放置しない方がいい状態のことがあります。

葺き替えのメリット・デメリット

葺き替えのメリットとデメリットを紹介します。

●葺き替えのメリット
  • ・長持ちする
  • ・下地部分まで補修できる
  • ・外観を一新できる
  • ・軽い屋根材に変えることで耐震性向上
●葺き替えのデメリット
  • ・費用が高い
  • ・工事期間が長い
  • ・撤去にも費用がかかる(有害物質が出ることがあるため)
  • ・工事中に埃がたくさん出る
葺き替えで軽い屋根材に交換して耐震性アップ

建物は新築時点で、設置されている屋根を支えられるように設計されています。そのため、既存の屋根材より重い屋根材にすると建物を傷める恐れがあるので、軽い屋根材への葺き替えが推奨されています。

構造上好ましいほか、以前より屋根が軽くなるので、耐震性をあげられるというメリットもあります。

瓦屋根の場合、カバー工法ができないので必然的に瓦より軽いスレートや金属屋根への葺き替えとなります。

⇒参考記事
「瓦屋根葺き替えの流れ」

カバー工法のメリット・デメリット

カバー工法のメリットとデメリットを紹介します。

●カバー工法のメリット
  • ・費用が比較的安い
  • ・廃材が出ない(コストダウン・エコ)
  • ・工期が短い
  • ・二重屋根になり遮音性と断熱性が向上
●カバー工法のデメリット
  • ・ソーラーパネルなどの設置が難しくなる
  • ・屋根が以前より少し重くなる
  • ・選べる屋根材が限られる(ほとんど金属)
カバー工法では軽い金属屋根材が人気

工期が短く低コストで人気のカバー工法ですが、屋根が重くなるという点に関して懸念されている方は多いようです。

カバー工法では、屋根材の中でも特に軽い金属屋根が使われることが多く、一応は考慮されていますが、きちんと屋根のプロに見てもらって納得できる工事を行いましょう。

⇒参考記事
「屋根工事のカバー工法(重ね葺き)で知っておきたいこと」

既存屋根の材質や状態・今後何年住むかで修理方法が変わる

既存の屋根を一新し耐震性を高められる葺き替えと、低コスト短工期で済むカバー工法、それぞれ、メリットデメリットがありますが、この記事を読んでいるあなたの家の屋根にはどちらが向いているでしょうか。

「こんな風にしたいな」「一番安い方法でいいんだけど」など様々なご要望があるかもしれませんが、まずは既存の屋根材がどんなものか、どんな状態かを把握しないことには話は進みません。

まずは近くの屋根業者に相談してみることがオススメです。

 

大阪・京都で屋根修理について相談するなら雅工房まで!