• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

トタン屋根の補修工事について知っておきたい3つのポイント

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

トタン屋根の補修工事について知っておきたい3つのポイント

2018年は台風の強風により、都市部でも屋根が飛ばされる・剥がれる被害が多発しました。

今回は、その中でも被害が多く見受けられました「トタン屋根」の補修工事についてご紹介します。

トタン屋根とは?

「トタン」とは建築用に作られた亜鉛めっき鋼板のことで、波板や、様々な形状に加工され屋根・外壁など様々な場所に使われています。

今回紹介する「トタン屋根」は一般的には瓦棒葺き屋根と呼ばれる金属屋根(上の写真参照)をさします。

屋根材の中では軽く、金属屋根の中でも比較的に雨漏りや強風に強いつくりですが、経年劣化や施工方法によっては簡単に破損してしまうケースもあります。

トタン屋根の補修を依頼する前に知っておきたい3つのこと

実際にトタン屋根が飛ばされたり壊れたりしたときにどのような対処をすればよいか、3つのポイントをまとめました。

【1】自分で調査・補修はNG

「先にどんな状態か把握しておきたい、直せるなら自分で直したい」と思われる気持ちはわかりますが、トタン屋根の状態が怪しいときに自分で屋根に登って調査をすることは避けてください。

平屋や増築部分など、簡単に登れそう、窓から出て見にいけそう、という場所でも、高所には変わりませんし、劣化していると剥がれたり、抜け落ちたりすることがあり大変危険です。

見積もりだけなら無料ですので、自分で何とかしようとする前に、まずプロに見てもらうようにしましょう。

【2】どれくらい長持ちさせたいか考えておく

新しく設置したトタン屋根の耐用年数は15~20年と言われており、その後少なくとも5年に一度は塗替えによる補強が必要です。

逆にまめな塗装を行なわないと長持ちしないので、今後も長く利用する建物なら、メンテナンスの少なくて済む耐用年数の長い屋根材を選んだほうが良いかもしれません。


【3】火災保険の適用条件

一見簡単な造りに見えるトタン屋根ですが、屋根は屋根です。

ご加入の火災保険が「風災」に適用される場合、屋根の修理費用が下りる可能性があります。

適用条件や申請期限を事前にしっかり確かめておくことで、コストを抑えてしっかりとした補修工事をしてもらうことが出来ます。

トタン屋根の補修は自分でやる前にまずプロに調査してもらうことがオススメ

トタン屋根の補修について紹介しましたがいかがでしたか?

記事の中でもご紹介したとおり、安全のために、できる限りご自身で調査や補修を行なうことは避けましょう。


大阪・京都でトタン屋根の補修工事について相談するなら雅工房まで!

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼