• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

耐震性のある屋根とは?軽い屋根が地震に強い理由と注意点

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

耐震性のある屋根とは?軽い屋根が地震に強い理由と注意点

先日の大阪北部地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

今回の震災により、被害に遭われなかった方も、家の耐震性を心配されている方が多いのではないでしょうか。

地震に備えて、いざ耐震性を高めておこうといっても、鉄骨ブレースを導入したり、柱を補強したり…など、いきなり建物全体の大掛かりな工事を行うのはためらわれますよね。

今回は、耐震工事の中でも比較的簡単にできる、屋根の地震対策(軽い屋根材への葺き替え)を紹介します。

重い屋根より軽い屋根の方が耐震性が高い理由

伝統的な日本瓦は耐久性・耐熱性を兼ね備えた優れた素材で、昔から日本の家を守ってきた実績があります。

しかし、この日本瓦には「重い」というデメリットがあります。

屋根が重いと地震が起こった時次のような現象が起きます。

  • ・建物が揺れやすくなる
  • ・建物(柱や壁)への負担が大きくなる

 

まず1つ目の揺れやすくなる原因について、肩車を想像してください。

小さな子供を肩車する時と、大人を肩車する時、どちらが安定しているでしょう?

そうです。屋根が重いというのは、大人を肩車している時のように、重心が高くなり建物が非常に不安定になり、少しの振動でも大きく揺れます。

また、2つ目の負担が大きくなるという点に関しても説明します。

地震が発生したとき、住宅にかかる力の大きさは、【住宅の重量×地震加速度】という関係式で表されます。

同じ規模の地震に見舞われた場合、住宅の重量が大きければ大きいほど、重量に比例した大きな力がかかり、建物を傷めて、最悪の場合倒壊させてしまうのです。

ですので建物全体の重量を軽減するためにも、屋根は軽くしておくに越したことがありません。

耐震工事をする時におすすめの軽い屋根材

では、実際に葺き替えを行う場合どのような屋根材を選ぶのが良いでしょうか?

最もおすすめなのは、軽くて強く、遮熱効果もあるガルバリウム鋼板屋根やルーガです。

新しい屋根材は新興住宅や西洋風の家に使うイメージがあるかもしれませんが、最近は、デザインも凝ったものが増えており、日本家屋にも違和感なく溶け込むものが増えています。

本来は屋根以外の耐震工事も必要

ここまで比較的手軽にできる耐震工事として屋根の葺き替えをご紹介しましたが、本当はそれだけでは十分ではありません。

家の耐震性能は「地盤」「基礎」「柱」「土台」「壁」などの状況によってほぼ決まります。

屋根の工事はその5つの要素への負担を少しでも軽くするという働きがあるというだけですので、家の耐震性を高めたい場合、本来は、家全体の補強が必要となるのです。

ただ、地盤や基礎についてはすでに家が建っている以上、引越しや建て替えでもしない限り変更できませんよね。

そういった時に、柱や壁のリフォームを検討される方もいらっしゃるかもしれませんが、リフォーム時にも、軽い屋根材はおすすめです。

屋根が軽いとその重量を支える壁や柱も少なくてすみ、耐震や免震工事を行う箇所も必然的に減ります。

全体の耐震工事が難しい時は葺き替えだけでもおすすめ

とはいえ、古いお家にお住まいの場合、建て替えもリフォームも難しい…ということがほとんどではないでしょうか。

本来は家全体の耐震補強が望ましいですが、軽い屋根にする葺き替え工事だけでも、全く何もしないより、被害を抑えることはできます。

地震対策を諦めていた方も、屋根だけでも葺き替えて耐震化してみてはいかがでしょうか?

まずはご相談だけでも、雅工房までお気軽にどうぞ