• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

大阪北部地震による屋根の被害や雨漏りを心配されている皆様へ

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

大阪北部地震による屋根の被害や雨漏りを心配されている皆様へ

このたびの大阪北部地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被害を受けられました皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

高槻市島本町の屋根業者である弊社、雅工房から、震災後の屋根を心配されている方に向けて、屋根瓦の被害への対処法と状況確認の注意点についてご案内させていただきます。

大阪北部地震の被災地で多く見られる屋根瓦の被害

今回の地震では、住宅街の瓦屋根に大きな被害が出ました。

大きく剥がれ落ちたり、ズレて下地の土が見えたり、と目に見えて被害が出ている家屋以外にも、目の届かない部分で被害が出ている恐れがあります。

●梅雨真っ只中・これから台風が来る時期…ズレた瓦の放置は危険

ズレた瓦は不安定で、いつ落ちてくるかわからず危険です。

さらにちょうど梅雨時で、降雨量が多い時期ですので、下地がむき出しのままですと雨漏りの恐れがありますし、今後、台風も来ると考えられるので強風でズレた瓦が飛ぶ恐れもあります。

すぐの補修が難しい場合はブルーシートをかけるほか、瓦の飛散防止のために足場を組んで家屋全体に覆いをするなどの対策が必要です。

地震後の屋根瓦が心配な時の対処法

前章で対策が必要と書きましたが、いくつか注意点があります。

①自分では屋根調査や応急処置をしないでください!

まず、ご自身で屋根の状態を確認する事は絶対にやめてください。家が大切というお気持ちはわかりますが、命はもっと大切です。

高所でかつ、足場が悪くなっている屋根に登るのはもちろん、家の外から見上げるだけでも、ずれた瓦が落ちてくる可能性があるので避けましょう。

ブルーシートなどで応急処置についてですが、怪我をしては元も子もありませんので、ご自身で作業をしないことをおすすめします。

 

②地元の屋根業者・工務店に調査・応急処置を依頼

では、屋根調査や応急処置はどこに依頼すればいいのかというと、出来るだけ近所の屋根業者や工務店がおすすめです。

被災地近くですと込み合っている可能性もありますが、地域に親しみのある会社ですと安心感もありますし、落ち着いてからの補修の相談にも乗ってもらうことができます。

被災地を狙い、飛び込み営業を行い、高額な屋根補修契約を結ばせる悪徳業者もいるようですので、焦る気持ちがあっても冷静に契約内容を見直し、しっかり断ってください。

高いんじゃないかな…。めんどうだな…。と思われる方もいるかもしれませんが、出来るだけ近い地域の屋根業者や工務店にご自身で依頼されたほうが安心です。

高槻・茨木・豊中の屋根瓦が不安な方はご相談ください。

しばらく余震も続き、不安な心境の中、家の状態がどうなっているかも心配されている方も多いかと思います。

なかなかご自身の目では確認できない屋根は、屋根の専門業者に調査をしてもらい、落ち着いたらしっかりと安全な状態に補修されることが大切です。

今後も地震による被害が心配な場合は、地震に強いルーガなどの新しい屋根材に葺き替えされるのも良いかもしれませんが、費用面の心配もおありかと思います。

保険に入っている方は、保険で屋根を修理できそうかなど、分からないことも多く、できるだけ専門家に聞きたいと思っておられる方もいるかと思いますので、そんな時は一度ご相談ください。

また、島本町に位置する弊社ですが幸い被害がなく、通常通り業務が可能な状態です。


もし、屋根瓦の状態が心配な場合はいつでも雅工房を呼んでくださいね。

被災された皆さまの生活再建と、一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。