• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根の台風対策|台風に強い屋根材と飛ばされた時の対応

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根の台風対策|台風に強い屋根材と飛ばされた時の対応

毎年日本にやってくる台風…

「屋根が飛ばされたらどうしよう」「建ててから随分経つけど大丈夫かな」

と、屋根について心配なさっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、台風対策として、台風に強い屋根材と屋根が飛ばされてしまった時の対応について紹介します。

台風に強い屋根材

一般的に、瓦屋根は重量があり、台風でも飛ばされにくいと言われています。

ただ、飛ばされた場合大きな事故に繋がりかねませんので、日頃からのメンテナンスや固定具を使ってしっかりと固定するなど耐風性を高める施工が必要です。

また、最近普及が広がっているスレートや金属屋根は軽く、飛ばされやすいと言われていますが、こちらもメンテナンスと固定がしっかりしていればよほどのことがない限り破損しないと言われています。

どちらにしても、台風がよく来る地域、雨が多い地域、海沿いの風が強い地域など、その場所特有の気候がありますので、できるだけご近所の屋根やさんに相談されることがおすすめです。

屋根が飛ばされてしまった時の対応

屋根が飛んでしまった時は、まず、業者に屋根点検を依頼しましょう。周囲への被害がないか確認することも大切です。

ご自身で傷んだ屋根に登って確認するのは非常に危険ですので絶対に避けてください。

屋根の状況が確認できたら、部分補修・葺き替えなど業者からの提案を聞き、予算や耐用年数に応じてどのような工事を進めてもらうか決めると良いかと思います。

今はなんともなくても、後々大きな事故や雨漏りに繋がりかねませんので、放っておくのはNGです。

台風後の飛び込み営業に注意

気をつけていただきたいのは台風後の「飛び込み営業」です。

台風後に飛び込みの屋根業者が「屋根が飛んでいるから無料で点検しますよ」と言って点検は無料で行い、「このままじゃやばいですよ」と高額な工事費用を提示してくることがしばしば起こっているようです。

中には、点検中に剥がれていない瓦を剥がして「台風で瓦が剥がれていて危険です」と、工事を促す業者や、契約するまで家に居座る業者など、悪質なケースもあるので、点検や工事は、信頼出来る地元の業者に頼まれた方が安心です。

点検や見積もりはほとんどの会社が無料で行っています。

屋根が心配なときはプロの点検を受けましょう

屋根は、日頃から、直射日光・雨風から家を守っており、年月を経るごとにそのダメージが蓄積して劣化していきますので、定期的に点検やメンテナンスを行うことが大切です。

台風被害が心配な地域にお住いの場合は、春〜夏の台風がくる前に点検を行われると良いかと思います。

台風前にできなかった場合は、台風後でも行っておくことがおすすめです。

特に屋根が古い、雨漏りしているという場合は、補修も行っておくとよいでしょう。

また、屋根の点検箇所を紹介しているサイトも多いですが、ご自身で屋根に上ると事故に繋がりかねませんので、安全のためにプロに任せてくださいね。

特に、台風通過中、台風が接近している時、通過後すぐに屋根に登って事故に遭われる方が非常に多いので、絶対にやめておきましょう。

大阪・京都で屋根の台風対策・屋根点検なら雅工房にお任せください!

根の修理

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼