• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

太陽光パネルと屋根の耐久性の違い | 太陽光パネル設置前の正しい対処法

tel.0120-70-1162

info@miyabi-kobo.com

太陽光パネルと屋根の耐久性の違い | 太陽光パネル設置前の正しい対処法

太陽光パネルの設置を考える前に知らなければいけないことに、屋根の耐久性と太陽光パネルの耐久性の違いがあります。

なぜなら、太陽光パネルを取り付けた数年後に屋根工事をしなければいけなくなる可能性があるからです。

ここでは、屋根の耐久性と太陽光パネルの耐久性を比べて正しい対処法をお伝えします。

屋根の種類別の耐久性について

屋根の耐久性は、設置する環境と材料により大きく異なりますので、屋根の種類別に少し見てみましょう。

屋根材 耐久年数 塗装の耐久年数
スレート屋根
(カラーベスト等)
20~30年 15年が目安
日本瓦 40~60年 塗装はしない
トタン屋根 10~20年 15年が目安
ガルバリウム鋼板 20~30年 15年が目安
アスファルトシングル 20~30年 あまり塗装はしない

これが屋根の耐久年数です。

スレート屋根・トタン屋根・ガルバリウム鋼板に関しては、素材そのものの耐久性とは別で、塗装をして表面を長持ちさせることができます。

ただ、屋根表面はあくまでも表面であり、裏側には塗装を行わないため、徐々に劣化が進みます。

塗装を行っているからといってもいずれ寿命は来ます。

では、次に太陽光パネルの寿命はどうでしょうか?

太陽光パネルの寿命は?

実は正確に何年ぐらいというデータはありません。30年以上持っているという例もありますが、まだまだ出てきて間もない技術なので、ある程度の目安はまだ確立されていません。

ただし、法定耐久年数は17年とされています。

おおよそ20年で見ておくと安心な気がします。

10年住んでいる家に太陽光パネルを取り付ける場合の例

ここではスレート屋根の家に10年間住んだ場合に太陽光パネルを取り付ける場合を例にして、どんな屋根工事が必要になりそうかをシミュレーションしてみました。

10年目 太陽光パネル設置
20年目 スレート屋根の塗装
伴って、太陽光パネルの撤去&設置
30年目 スレート屋根の葺き替え
伴って、太陽光パネルの撤去&設置
40年目 太陽光パネルの交換(目安30年の想定)
50年目 スレート屋根の塗装
伴って、太陽光パネルの撤去&設置

ことあるごとに太陽光パネルの設置と撤去が入って来るのがわかります。

太陽光パネルの撤去&設置費用は思いのほか高くつきますので、今まで売電して出た利益がすべてなくなる可能性が十分に考えられます。

また、塗装にしても葺き替えにしても、しっかりと行わなければ雨漏りのリスクが上がります。

更に、都度工事の際に太陽光パネルの撤去と作業が入るので、費用だけでなく工期も少し伸びてしまいます。

太陽光パネルを取り付けるなら

今までお伝えした、太陽光パネルや屋根の耐久年数などを考えるとどのタイミングで太陽光パネルを設置したほうがよいのかが判断しやすいかと思います。

特に屋根は塗装をすればそれだけで長持ちするというものではありませんので、太陽光パネルの設置のタイミングはぜひ計算されるとよいかと思います。

また、太陽光パネルの設置前には必ず、屋根専門の業者にみていただくことをおすすめします。

 

  • tel.0120-70-1162
  • 無料相談・現地調査のご依頼