• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根の葺き替え時期を自分でチェックする方法

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根の葺き替え時期を自分でチェックする方法

「家を建ててから、ずいぶん年数が経つけれど、まだ屋根の葺き替え工事はしなくて大丈夫?」

いつの間にか屋根が汚くなったり、以前と様子が違ったりしている気がしても、改めて屋根の状態を確認して判断するのは難しいと思われるかもしれません。

今回はご自身でできる屋根のチェック項目と葺き替えが必要な場合の対処をご紹介します。

屋根を自分でチェックした方がいい理由

屋根のチェックは自分でするより、業者にしてもらった方がいいと思われている方も多いのではないでしょうか。

しかし、その前に一度ご自身の目で確認されることが断然おすすめです。

その理由の一つとして、悪徳業者の存在があります。

彼らは「屋根の状態が悪くなっているから無料診断をしませんか?」と見積もりを持ち掛け、様子を見ると言って屋根に上がり、壊れていない屋根まで壊して修理させるのです。

事前にご自身で確認しておいた場合、そのような被害を防ぐことができるかと思います。

また、近所の人に知らせてもらう事もあるかもしれませんが「この人は住んでいる家の管理が出来ていない」と思われている可能性があります。

毎日見ている家だと気づきにくいところもあるかもしれませんが、定期的にご自身で屋根の状態をチェックすることが望ましいでしょう。

屋根のセルフチェック項目

では、ご自身で屋根の状態をチェックする場合どのような点を確認すればよいのでしょうか。

屋根の種類別に簡潔にご紹介します。

●日本瓦

瓦の並び具合、瓦の表面、漆喰の状態

●スレート屋根

スレート表面の状態、鋼板の状態

●トタン屋根

屋根表面の錆、歪み

こんな屋根の状態なら屋根の葺き替えor屋根修理が必要

上記の項目をチェックしたとき、屋根がどのような状態の場合、葺き替えや修理が必要になるでしょうか。

全ての屋根に共通するものとしては、室内天井に雨漏りのある場合・強風の日に異音がする時は、葺き替えや屋根修理が必要になるでしょう。

屋根の種類ごとの修理が必要な状態は以下のようになります。

●日本瓦

瓦がずれている、瓦が割れている、漆喰にコケやカビが生えている

●スレート屋根

スレートの表面が割れている、白くなっている(チョーキング現象)、苔が生えている

鋼板が外れている、ネジが緩んでいる、錆びている

●トタン屋根

トタンの表面が錆びている、トタン板が歪んでいる

まとめ

今回は、ご自身で出来る屋根の状態のチェック方法をご紹介しました。

悪徳業者の訪問や、ご近所の方からの指摘を受ける前に、一度屋根の状態を確認されることをおすすめいたします。

台風や風の強い日や大雨の次の日は、特に注意しておかれると良いかと思います。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼