• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根に生えている雑草を放置するとどうなるの?

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根に生えている雑草を放置するとどうなるの?


ご自身の家の屋根をまじまじと見たことがあるでしょうか。

意外と見る機会がないものですよね。

気がつくと、建材の間から植物が生えているなんてことがあります。

植物の力は凄いなと感心している場合ではありません。

その植物を放置しておくと、様々なリスクが生まれてしまいます。

まず、植物が雨水を屋根の中に引きこむことが挙げられます。

隙間があるからこそ屋根に植物が生えてしまったので、簡単に屋根の中に雨が入ってくるのです。

そうなると雨漏りが発生してしまうのは当然です。

また、雨漏りが発生すると建物自体の腐食につながることになります。

屋根から雨水が植物を伝って侵入してきても、雨漏りとして階下の住人に気づかれるまでにはブランクがあることがあります。

その間、じっくりと浸水した雨水は、天井や壁などをじわじわと腐食させていくのです。

気づいたときには手遅れなこともあるので注意しましょう。

建物だけでなく、人間の体にも影響があります。

雨水が建物内に入り込むと、湿度が上がり、カビが発生しやすい環境となります。

カビが発生して健康被害を起こす恐れがありますので雑草は放置しないようにしましょうね。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼