• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

シート防水の種類と特徴

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

シート防水の種類と特徴


今回はシート防水の種類と特徴についてご紹介いたします。

シート防水は、防水シートを貼る工法になります。

シート防水には、2種類あり、塩化ビニールシート防水とゴムシート防水とがあるのです。

塩化ビニールシート防水工事というのは、塩化ビニール樹脂の防水シートを、接着剤などで屋根面に貼り付ける工法のことを言います。

他方で、ゴムシート防水というのは、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤やテープなどで屋根面に施工する防水工法のことです。

塩化ビニールシート防水の特徴を説明しますと、施行しやすいため工期が短くコストが安く済むという点です。

ただし、シート状の防水材なので、複雑な形状の陸屋根には向いていません。

塩化ビニールシートによるシート防水は1枚で防水が可能ですので、非常に便利な工法になります。

ゴムシート防水の特徴について説明しますと、ゴムシート防水は温度による物性変化が少なく耐用年数が長いことが特徴です。

ゴムシートの防水シートを用いる場合には、化学物質が含まれている接着剤を使用することになるため注意が必要ですよ。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼