• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根の形状 前編

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根の形状 前編


日本家屋の屋根の形状は大きく分けて三つあります。

切妻屋根・寄棟屋根・入母屋屋根の三つです。

このうち切妻屋根とは、三角の屋根が正面に見えるタイプの屋根になります。

構造が単純で、メンテナンス費用も抑えることができて経済的です。

切妻屋根の単純形として片流れ屋根があります。

片流れ屋根は、切妻屋根を真っ二つに割った形の屋根で主に小規模な住宅に用います。

ほぼ1枚屋根のため、雨漏りも少なく長持ちするのです。

切妻屋根や片流れ屋根は構造が単純で、

メンテナンス費用も抑えることができる反面、欠点もあります。

妻側の庇が高い位置につくため雨仕舞いが問題となる場合があるのです。

軒の天井に換気のための穴の開いたボードを張る場合は注意が必要です。

また、妻側に設ける窓の防水も十分に行う必要があります。

切妻屋根は寄棟屋根と比べると妻側の風対策を入念に行う必要もあります。

妻側の庇が高い位置につくため風の影響をまともに受けてしまうためです。

切妻屋根には利点もあり、小屋裏の利用が可能な他、
吹き抜けをつくるときも空間が取りやすく有利に働きます。

それぞれの屋根の特徴を考えた計画が必要ですよ。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼