• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

急勾配屋根のメリットとデメリット

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

急勾配屋根のメリットとデメリット

一般の方では、
何を基準に屋根の勾配を決めればいいのか、
分からないはずです。

そんな方のために、
『急勾配屋根』の特徴をお伝えしたいと思います。

『急勾配屋根』のメリットを紹介します。

まず、「耐久性が高まる」ことです。

急勾配だと、雨水がすぐ落ちるため、
コケの発生や塗装の剥がれを遅らせることが出来ます。

次に、「雨漏りの危険度低下」です。

急勾配だと、雨水の滞留が少なくなり、
ルーフィング・野地板の腐食による雨漏りの危険性を下げます。

最後に、「屋根裏スペースが広くなる」ことです。

急勾配だと、
天井から屋根裏面までのスペースを広く取る事が出来ます。

『急勾配屋根』のデメリットを紹介します。

まず、「耐風性が弱まる」ことです。

急勾配だと、屋根の角度の問題で、
台風や突風の力を受けやすくなるためです。

次に、「施工価格が高くなる」ことです。

急勾配という事は、必然的に屋根の面積が広がり、
当然施工価格も高くなります。

また、職人も限られてくるので、]
人件費も高くなります。

このように、さまざまな特徴があるので新築や増築をお考えの際には、ご参考になさって下さい。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼