• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

塩害に強い瓦とは

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

塩害に強い瓦とは


日本はぐるっと海に囲まれた地形であるのと、
面積の約80%が山間部のために、
人が住む地域は海からはそう離れていないところがほとんどです。

住宅の部位の中でも屋根は面積が広く、
きびしい自然にさらされる部位なので
塩害をまともに受けている可能性があります。

塩害は表面に現れにくいため、
変化に気づいたときには損害が広範囲に及んでいる場合も
しばしばです。

屋根材としての瓦は
強度・耐久性・耐火性・防水性・断熱性・遮音性・耐候性に
優れた材料として広く日本社会に根付いてきました。

価格の安い鉄板系やコロニアル系の屋根材が普及する現代においても、瓦が高級住宅にはなくてはならない材料
であることに変わりはありません。

瓦屋根は他の材料と違って塗装替えをする必要がなく、
ほとんどメンテナンスフリーで使い続けることができます。

弱点があるとしたら凍害と塩害の二つです。

害が発生するメカニズムはそれぞれ違いますが対策は同じです。

どちらも水の吸水率が高い瓦ほど害が発生しやすくなります。

したがって、凍害も塩害も吸水率の低い瓦を使うことで対策とすることができます。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼