• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根材ごとの正しい点検方法〜スレート編〜

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根材ごとの正しい点検方法〜スレート編〜


様々な屋根材がありますが、スレート屋根と呼ばれるものがあり、耐久性や価格面、施工のしやすさやデザイン面など、あらゆる点から利用している住宅が多いことが特徴です。

屋根材は時には破損してしまうことがあり、常に点検作業を行うことで、雨漏りの被害を避けることができます。
点検方法としては屋根に上がって全体を目視確認することが基本です。

確認した上で割れている部分や欠けている部分などを見つけることができる場合もあり、同時に表面の塗装の状態を確認することも大切です。

塗装は剥げ落ちてしまっている場合では、水はけが悪くなる可能性があり、塗り替えを行う必要が出てきます。

棟包の木下地の状態を確認することも良い方法です。
通常では釘打ちによって固定されているものですが、釘が浮いてしまっている状態では木下地が腐食している可能性があり、早期確認が重要視されています。

コロニアルの確認は基本的項目です、見栄えを確認することになり、例えば苔や藻などが生えてしまっている状態では、雨水が蓄積される原因になる場合が多く、点検を行った上で問題があれば補修工事や塗り替え工事、状態によっては張り替えが必要です。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼