• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

雨が降っているときのルーフィングには注意

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

雨が降っているときのルーフィングには注意


屋根材を新しく葺き替えしたり、張り替えを行う方法でリフォームを施工している場面も見られます。
屋根材を設置する場面では、野地板に対してルーフィングを施工することが先決です。

ルーフィングは薄くて軽量な素材で構成されていて、高い防水性を持っていますが、施工中に雨が降ってしまった場合ではその判断が心配されるところです。

実際には小雨の場合では大きな問題が生じることがなく、元々が防水性能に優れていることから、雨水を野地板まで通してしまうことがなく、腐食を起こすこともありません。

しかし、通常の雨降りや暴風雨の場合では注意が必要になり、ルーフィングの継ぎ目部分から雨水が入り込んでしまうことがあります。
野地板が濡れてしまい、そのまま施工を続けた場合ではルーフィングの作用によって乾燥させることが難しく、腐食の原因になる可能性があります。

雨降り前にルーフィング施工する業者には要注意です。
現在では天気予報によってある程度の天気予測を行うことができます。
雨降りの日が来ることが想定できていても、そのまま施工を行う業者では、業務上の自己都合によって仕事を進めている可能性が強く、信頼できるものではありません。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼