• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根の塗り替え時期の判断の仕方

tel.0120-70-1162

info@miyabi-kobo.com

屋根の塗り替え時期の判断の仕方


屋根は紫外線や雨が直接あたる部分ですから、
時間がたつにつれて少しずつ劣化しています。

劣化すると屋根の塗装塗料が剥げてむき出しになりひび割れが起こりやすくなります。

そうなる前に、屋根を定期的にメンテナンスする必要があります。
屋根の塗装塗り替えの時期は、目視で判断することができます。

屋根を見て、塗装のツヤは残っていて以前より薄くないかを確認しましょう。塗装のツヤが残っているのであれば、まだ防水性があるから塗り替えをする必要がありません。

チョーキング現象や屋根にコケやカビは生えていないか、塗装が剥がれていないかを確認します。

塗り替えに一番いい時期はチョーキングやカビ、コケが生えてきてからです。塗膜が剥がれてしまうと、防水性がなく水がしみ込んでしまうので、すぐにでも屋根の塗替えをする必要があります。

水がしみ込んでしまうと、家の中に湿気を貯め込んでしまい、カビの発生や建築資材の腐食の恐れがありますから、注意が必要です。

  • tel.0120-70-1162
  • 無料相談・現地調査のご依頼