• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

外壁で、白い粉がついてくる現象

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

外壁で、白い粉がついてくる現象

上の外壁を触った時に

白いチョークのような粉が手に着くときがあります。

これはチョーキングといい、

外壁の経年劣化が進んでいることを示す兆候です。

このチョーキングが現れたら、早めに外壁塗装を行う必要があります。

外壁は常に太陽の光や、雨風にさらされています。

特に太陽の光に含まれる紫外線は塗料の成分を劣化させ、

粉のような塊に変化させてしまいます。

これを粉化と言います。

この粉化は特に紫外線が強い南側や西側の壁に起きやすいので、

この向きの外壁は良く注意する必要があります。

とはいえ、外壁塗装の寿命は15年から20年と言われています。

最近は塗料の品質も向上しており、

例え太陽の日差しが強いところでも

15年程度はチョーキングが起きないものもあります。

逆に粗悪な塗料を使用すると、

15年たたずにチョーキングが発生する場合もあるのです。

外壁塗装をする際には、どのような塗料を使用するのか、

またどの位の保証がついているのか

などを良く確認して業者を選ぶことが大切です。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼