• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

雨漏りがあった時に記録しておくべきこと

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

雨漏りがあった時に記録しておくべきこと

雨が降るとうっとうしくて

何もする気が起きないという人も多いのですが、

雨が降った時は雨漏りをチェックするチャンスです。

一戸建ての場合、雨漏り被害が大きくなりやすい半面

早く見つけることができれば補修費用が安く抑えられるので

早期発見をするためには毎年点検すると良いでしょう。

雨が降る前と振った後での変化を確認すると、

危険サインを見つけやすいのでおすすめです。

雨が降っていないときにシミや変色、ひび割れがないかを観察して、

異常があればその場所をメモしておきます。

雨が降って、雨漏りが実際にしている時には、

風の向きや雨の強さや雨量とともに、

時間帯等を分かることはできる限り多く記録しておくとよいでしょう。

その時にどこにどんな風にシミができていたのかなどをメモしておくと、

点検を頼んだときにも原因の発見がスムーズになり、

専門家が分析しやすくなるため、

雨漏りの原因を突き止めることを期待できます。

雨漏りは早期発見することが大切なのです。

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼