• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

屋根材の種類はいろいろ。大阪の屋根のお困りごと何でも対応いたします

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

屋根材の種類はいろいろ。大阪の屋根のお困りごと何でも対応いたします

雨や雪等の進入を防ぎ、大切な家屋や

家具等を守るために存在する屋根材には、

様々な種類が現存しております。

昭和初期以前の日本家屋では、「草屋根」と呼ばれ、

自然の環境で生育される葦等を材料とした屋根が主流でした。

けれど、メンテナンスの関係や

材料となる葦の激減等により、

近年ではごく限られた地方や、

特殊建築物において僅かに使用される状況にあります。

そのような背景にあって、

近年では葦に代わる素材として、

トタン(鉄板)やステンレス、

スレート(セメント)や瓦等、

多種多様な素材を用いた資材が開発されており、

多様化する様々な形態の屋根にも対応可能な状況にあります。

何れの素材も其々の特徴を有しているのですが、

ここでは、代表的な屋根材として挙げられる瓦について、

メンテナンスの時期に触れたいと思います。

瓦は目視する事が困難な高所に施工され、

大雨や強風に耐える事で、

地震等特別な事態が無くても

徐々に「ズレ」る事が予測されますので、

概ね15年を目安とする点検メンテナンスが最適な方法であると提案いたします。

 

  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼