• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

事例詳細事例詳細

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

経年劣化による屋根からの雨漏り!葺き替え工事とコウモリの巣対策

お悩み 雨漏りとコウモリ対策
築年数 約30年 タイプ 木造2階建
材料 ROOGA雅
  • Before
    Before
  • After
    After

画像をクリックすると大きいサイズで御覧いただけます。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

担当者からのコメント

「雨漏りしているから見て欲しい」というT様からのご依頼で、屋根調査を行い、日本瓦からROOGA雅に葺き替え工事を行った事例です。

屋根を調査すると、雨漏り箇所以外にも、棟の瓦など屋根全体の状態が悪くなっていたため、屋根全体の葺き替え工事と、棟の瓦の積みなおし工事の2パターンの見積もりを出させていただきました。

雨漏り箇所以外も全体的に傷んでいたので葺き替えをご提案

2パターンの見積もりを出したものの、T様邸の屋根は全体的に傷んできていました。

棟の瓦の状態も、そこまでひどい状態ではなかったものの、真っ直ぐ直線状になるところが、写真のように、列が歪んでおり、隙間ができていると考えられます。

棟がわらの列の歪み

また、棟瓦は針金で固定されているものの、その下の、のし瓦が少しずつずれてきて隙間が開いている状態でした。

ずれた棟瓦とのし瓦

雨が降った時はその隙間に雨の吹きさらしが入るようになって、このまま放置すると今後さらに瓦がズレ、雨漏りがひどくなると考えられます。

上記のように瓦のずれている部分が多く、傷んだ箇所が多く見られました。

そのため今回は、棟の積みなおしだけを行うより、屋根全体を葺き替えてしまった方が今後のメンテナンス費用が安く済むだけでなく、家全体のためにも良いとご提案し、ROOGA雅に葺き替え工事を行うことになりました。

屋根の隙間にコウモリが入って困っているので調査

屋根の葺き替えにあたって、T様が以前から気にされていたコウモリの被害についても調査を行いました。

T様は以前から庇の瓦の隙間にコウモリが出入りしているところを目撃されており、一体中はどうなっているのか、と気にされていたそうです。

実際に瓦をめくって見ると、コウモリのものと思われるフンがたくさん落ちており、一応屋根を隔てているとはいえ、生活空間のすぐ近くですので、衛生的によくありません。

均一な大きさの茶色い粒がコウモリのフンです。

コウモリのフン

軒の構造の問題のほか、瓦がずれた隙間からもコウモリが入る可能性があります。

コウモリ対策としては、今回の葺き替えに使うROOGAシリーズなら瓦の形に合った軒先用の粘土があるのでしっかり隙間を防ぐことができます。

葺き替え工事の工程

1.足場の設置

2.既存瓦の撤去

3.土の撤去

4.下地の状態にする

屋根下地

5.2×1サイズの角材の設置

角材設置

6.コンパネ貼り

コンパネ貼り

7.ルーフィング

ルーフィング貼り

8.棟金物取り付け

棟金物取り付け

9. ROOGA雅設置

10. タフモック取り付け

タフモック取り付け

11.板金取り付け

板金取り付け

12.足場撤去

工期中の天気に気をつけて葺き替えを行った

工期中、台風が近づいたため、雨が多く、工事がなかなか進みませんでした。

今回の工事では屋根に隣接するカーポートにも足場を組んでおり、屋根葺き替え工事の期間中は別の駐車場に車を停めてもらっていましたが、長引くと、費用がかさむという事情もありましたので、できるだけ早く完成できるよう尽力いたしました。

どうしても雨の影響で工期が少し延びてしまいましたが、いつも天候に気をつけ、ルーフィングを貼るまではかなり時間にシビアに工事を進め、雨の気配があれば早めにブルーシートをかぶせて浸水を防ぐようにし、雨にあてることなく屋根の葺き替えを行うことができました。

コウモリ対策もしっかり行うことができ、T様もお喜びのご様子でした。

軒の状態

工事後

雨漏りやコウモリ対策でお困りでしたら、ぜひ一度雅工房にご相談ください

前へ 次へ
  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼