• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

事例詳細

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

劣化した屋根をリッジウェイのカバー工法で雨漏りする前に安く修理 豊中市

お悩み 屋上から続く屋根が劣化している
築年数 約30年 タイプ 軽量鉄骨
材料 リッジウェイ
  • Before
    Before
  • After
    After

画像をクリックすると大きいサイズで御覧いただけます。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

担当者からのコメント

今回は豊中市のお客様からペンキ屋さん経由で屋根調査と修理をご依頼いただきました。

「屋上から見た屋根が劣化しているから見に来て欲しい」とお電話があり、現地にお伺いすると、軽量鉄骨住宅の屋上から続くアスファルトシングルの屋根はボロボロの状態でした。

お話をお伺いすると30年ほど前の新築当初からそのままで、気にはなっていたけれどなかなか修理する機会がなかったそうです。

また屋上立ち上がり部分で屋根の棟にあたる笠木の内側のタレが短く、吹き降りの雨が建物の中に入ってしまう恐れがありました。

リッジウェイでのカバー工法を提案

あまり予算をかけられないということで、リッジウェイを使用したカバー工法での施工をご提案しました。

リッジウェイは旭ファイバーグラスが生産しているシングル材の1種で、人気の高い商品となります。

既存の屋根を全て剥がし、新しい屋根を葺くと日数もかかりますし廃材処分費などコストがかなりかさみます。

既存屋根の上から新しい屋根を葺くカバー工法だと、屋根が重くなるというデメリットはありますが、工期が短く工事費も安く済みます。

また、雨漏りの恐れがあった笠木の取り換えもご提案しました。

今回のカバー工法の施工手順

1.ゴムアス(ルーフィング)張り

既存の屋根の上から防水シートを敷きました

2.水切りの取り付け

小口を隠す水切りがついていましたが、屋根の下に向かう方への雨じまいが出来ていなかったため、しっかりと水切りを入れて、水が浸入しないように対策を行ないました。

3.リッジウェイの取り付け

下地がRC構造になっておりましたので、接着工法での施工を行ないました。

ズレ止めのためアンカーを打っています。

片棟の水切り部分は下地が木材でしたので、ビスを打って固定することができました。

4.古い笠木の撤去

既存の笠木を撤去しました。

5.新しい笠木の取り付け

新しい笠木を取り付けました。新しい笠木はタレが長めで雨が入りにくい仕様のものです。

下地が傷んでいた部分に木材を入れてから笠木を取り付けました。

雨漏りする前に屋根と笠木をしっかりと修理できた

今回は軽量鉄骨住宅の屋根をリッジウェイのカバー工法で補修しました。

屋上をぐるりと取り巻く複雑な形状の屋根でしたが、丁寧にルーフィング、水切り設置、屋根葺きを行ない、雨漏りにつながる恐れのあった笠木も交換いたしました。

お客様は「雨漏りする前に屋根補修ができてよかったです」と安心されたご様子でした。

前へ 次へ