• TOP
  • 雅工房の想い・こだわり
  • 高槻市・島本町のお客様へ
  • 屋根の危険信号
  • 事業内容
  • 費用・足場の重要性について
  • 施工の流れ
  • 価格表
  • 会社概要
  • 採用情報

事例詳細事例詳細

tel.075-961-1355

info@miyabi-kobo.com

雨漏りも解決!屋根葺き替え工事 大阪府高槻市浦堂

お悩み 雨漏り
築年数 30年 タイプ 軽量鉄骨2階建て
材料 ROOGA鉄平
  • Before
    Before
  • After
    After

画像をクリックすると大きいサイズで御覧いただけます。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

担当者からのコメント

大阪府高槻市浦堂の一戸建て(軽量鉄骨2階建て)の屋根葺き替え工事の事例です。ずいぶん前から雨漏りに困っておられたようで、ご相談をいただきました。

屋根葺き替え前の状態

家を建てられてから30年も経っているため、既存のセメント瓦がかなり劣化していました。また既存の屋根瓦をめくって調査をすると・・・なんと、通常張られている防水シートが全く張られていませんでした。そのため、ほとんどの場所で雨漏りしていましたので、軽くて強い、さらに色が長持ちするのが特徴のROOGA鉄平への葺き替えを行いました。ROOGA鉄平は20~30年程度の耐久性があります。

施工の流れ

屋根葺き替え工事の流れを簡単にご説明いたします。

まずは足場を組む。

既存の瓦を撤去する。

下地をきれいに清掃し、増し張りを行う。
※増し張りとは、下地の補強や調整のために、下地材を重ねて貼ることです。

防水シートを張る。

瓦を葺き替える。

増し張りには12mmの構造用合板を使い、しっかりと下地を補強します。その後、ゴム系の防水シートを張っていきます。ゴム系の防水シートは、軽い、安価という特徴があり、手軽に施工ができるので工期を短くすることが可能です。防水シートを張った後は、新しい瓦へと葺き替えていきました。
瓦の枚数は、1㎡に7枚、今回は屋根全面で105㎡でしたので、700枚弱も使いました。

雨樋も付け替え

新しい屋根を葺いた後、ケラバの瓦を張りました。ケラバとは、外壁からはみ出している屋根部分の雨樋がついていない側(妻側)の一番端の瓦を指します。ちなみに、雨樋が付いてる側が軒といいます。さらに壁際の水切りを付けて、雨水を多く流せるように丸樋から角樋に付け替えました。

ケラバの瓦の端の破風には、ガルバリウム鋼板を張っております。
葺き替え前の写真では、破風のペンキが剥がれて白くなっていますが、施工後はこげ茶色の鉄板になっているのが見えます。これがガルバリウム鋼板です。

ガルバリウム鋼板は屋根の仕上材として用いられ、耐久性がある上に修繕も容易です。今回は特に、破風の木がかなり劣化しており、ペンキを塗ってもすぐに剥がれる恐れがあるので、破風にガルバリウム鋼板を張り、見た目もキレイにしました。

お客様の声

屋根葺き替え工事が完了後、お客様からは「雨漏りがなくなり、とても良かった。」「屋根がとてもきれいになった。」との声をいただき、とてもうれしく感じます。

雅工房では、お客様に十分満足していただくために、サービスと技術の向上に努めております。雨漏りでお困りのお客様など、屋根の葺き替えをご希望でしたら、大阪の屋根葺き替え工事専門の「雅工房」にお任せください。

屋根葺き替えのことなら大阪の「雅工房」へ

前へ 次へ
  • tel.075-961-1355
  • 無料相談・現地調査のご依頼